読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近代主義

近世の『童子問』を『教育勅語』の原型と言う渡辺昇一は、innocent pig !近代主義者の明治の前を考えるとき明治維新のことしか語れないとする思考の貧困な反復を思う

広告を非表示にする

「弁名」ノート‬ No. 28 ( 私の文学的フットノート)

荻生徂徠はこう言う。「孔子のいわゆる『人を愛す』とは、民の父母たるを謂うなり。苟も民を安ずるに非ずんば、いずくんぞ以て民の父母たるに足らんや」(孔子が仁を『人を愛す』と言ったのは民の父母となることをいったのである。民の生を安らかにすることなくして、どうして民の父母たることができようか。子安訳) 徂徠の社会全体の視点をもった彼の言葉を現代社会に適用すると、このこととして理解できるのではないだろうか。アベノミックスの破綻をみとめず、代替案を議論もしない。あたかもその破綻を隠蔽するように「教育勅語」の破綻し尽くした天皇ファシズム家族原理を再び言い出すことをやめよ、と、このことである。

‬徂徠の批判はそれを読む者に論争と議論を教えるというか。 さて徂徠は仁斎の拡充説を批判している。 子安氏の評釈は、仁斎の道徳拡充説と徂徠をとらえる。

(子安訳) 仁斎先生は、「慈愛の徳は、遠近内外を問わず、充実して至らざるところはない」(『語孟字義』)という。これもまた孟子にとらわれ、一人一人に属しめている。さらに仁とは最終的に民を安らかにすることにあることを理解せずに、‬‪仁をただ慈愛をもっていうだけである。したがってその弊害は、釈迦をも仁人としてしまうことになるのである。大きな過りではないか。しかも孟子のいわゆる四端の拡充の論は論争的な性格をもった言説で、もともと仁を実現する方法を語ったものではない。孟子は拡充によって仁を成すことを、一星の火が燎原の炎として燃え広がり、一寸の苗が天に達するほどに成長することに譬えている。だが無理に押し拡げ、引き伸ばそうとするならば、火は消え、苗は枯れてしまうだろう。火を拡げるのに風をもってし、苗を伸ばす雨露をもってし、はじめて燎原の炎となる勢いも、天に達する成長の勢いももつことになるのである。人間においてみそうだ。礼楽をもって養い育てることを経て、仁徳は成るのである。先王の道を理解しないものは、礼楽は人間にとって外物であり、自己の内のものではないといい、外物である礼楽による徳の形成を否定する。これは読書礼楽という聖人の教えを信じないで、自己なりの私智をもって仁を成そうと欲するものである。風と雨露とは外から仮りるものなのに、それがもたらす 力はかくも大きいことを、なぜ彼らは理解しないのか?礼楽の道とは、「識らず知らず、天帝の則に順う」(『詩』大雅)ものなのだ。風雨とはまさしく天からのひらけというべきものである。仁斎ち朱子と宗儒とは、同じように学無く術無きものである。‬

• 徂徠を読むと、理が破綻しているのになおなんでもかんでも理から説明しつづけることを批判するとき、学問というのは、依拠できるものが理の内部に位置づけられないことを考えさせようとするといわれる。依拠できるものが言葉にならないと聞くと、(近代的な意味で)神秘主義の非合理を思うが、しかし知識人が言うそれはそうではない。ここをよく考えると、(朱子や仁斎の)破綻しているかもしれないのにその理が疑問もなく一体化しているような言葉に依存しても、解決に結びつくことがあり得ない (「民の生」を安らかにすることができない)。無理に言葉で説明するとズレてしまうことがおきる。唯物論的とまではいえないが、「礼楽は外物なり、我に在るものに非ずと」という徂徠の議論を行うことを重んじる方向性をもった彼の言葉に向き合うことになる。『弁道』で徂徠がこう言っていることに子安氏は解説している。人から与えられる礼楽の教えを重視するところには、人の心への次のような徂徠の見方があるという。‬ ‪「善悪はみな心を以てこれをいうものなり。孟子曰く、「心に生じて、政に害あり」と。あに至理ならずや。然れども心は形なきなり。得てこれを制すべからず。故に先王の道は、礼を以て心を制す。礼を外にして心を治むるの道を語るは、みな私智妄作なり。何となれば、これを治むるものは心なり。我が心を以て我が心を治むるは、譬えば狂者みずからその狂を治むるがごとし。いずくんぞ能くこれを治めんや。故に後世の心を治むるの説は、みな道を知らざるものなり。」‬ ‪

「弁名」ノート‬ No. 27 ( 私の文学的フットノート)

「弁名」ノート‬ No. 27a ( 私の文学的フットノート)

‪(子安訳) 後世の儒者は聖人の道を知らない。したがって仁もまた知らない。そこから後世儒者の仁説が生まれる。彼らは「仁とは愛の理、心の徳である」といい、また「人欲をきれいに除けば、天理があまねく行きわたる」といい、さらにまた「専言の仁があり、偏言の仁がある」いう。こうしたとらえ方は仏教老荘の考えに根ざしている。それゆえ後儒の学は理を主とし、心を主とするのである、また『中庸』や『孟子』を誤読して、仁を性の概念とする。だが性とはひとごとに異なるゆえ、彼らはその異なりを気質のせいにして、理においては聖人と異らず、同一だといったりする。‬

‪彼らがいう意はこうである。仁者はたしか人を愛するのだが、愛とは情であり、情として動く以前の静かな心にあっては愛という情動をみることはない、と。しかし未発の愛としての理を、人は生まれるとともに天より享(う)けて心に具えている。それが仁である。仁が心徳であるとは、そのことをいうのであると。また彼らはこうもいう。人の生まれ初めの純粋さは聖人と異なるところはない。ただ気質と人欲にとらわれると、仁本来十全さを失ってしまう。したがって学問が成り、人欲を消尽し、気質を変化させるに及んではじめて、人の行うところ仁であらざるはない境地にいたるのだと。またこうもいうのである。天地の道は生々してやまざるものである。その天地の徳を人に享けたものが仁である。それゆえ天理流行というのはただ生々の意を表しているのであると。また彼らの考えによると、仁は心の全徳である。ゆえに仁は儀礼智信を兼ね備えている。これが専言の仁である。仁が儀礼智信に対するものとして、仁儀礼智信といわれるとき、それは偏言の仁であると。‬

• 徂徠は後世的仁説の批判を書いている。ここでは、「仁とは愛の理」という言語が問題とされている。

‪訳文を読めばわかるように、宋代の程子や朱子たち、宋代以降の中国や日本のの儒者たちは、古代先王のみちこそが聖人の道であることを知らないから、したがって礼楽形政としての道を、天下安民の徳・仁によって聖人が制作したものであることができない。そこからこの後世の儒者たちは先王の道から離れて仁を、彼らの観念の言語をもって語っていくことになったという。徂徠の言及から、宋学あるいは朱子の本体論的な哲学的言語と本来主義的な倫理学的な言語の姿がみえてくる。ここでは、「本体論」と「本来性」の違いに注意しながら、体用的二元論をもって、また性理学的視点とその概念をもって語られてきた宋学あるいは朱子学ー東アジアの漢字的世界を支配していったーのエッセンスを理解する必要がある。子安氏の評釈によると、「本体論というのは、宇宙や人間の根拠にかかわる議論である。人間という存在と行為が何に基礎付けられ、根拠づけられているのかという議論である。さらに宋学は禅の本体主義も己の言葉で語るようになる。人は現実世界において、その本来性を失って堕落するその危険性のなかに絶えずある。人の本来性とは、天に賦与された人間の道徳的本性である。それは道徳的存在としての人間を基礎付ける根拠(理)でみある。現実の世界における人間は情動的契機によってこの本来性を失うようにたえず脅びやかされているのだ。ここから本来性の維持と回復とが、「復初」の言葉とともに説かれるのだ。宋学あるいは朱子学は、この本体論的な哲学的な言語と本来主義的な倫理学的な言語とをもって中国だけでなく、東アジアの漢字的世界を支配していったということができる。日本人は朱子学の受容とともにこうした言語を自分のものにしていったのである。徂徠は後世儒家のこうした本体論的な言説から「仁」を解き放とうとしている」(子安氏)。‬ 言語に定位する人間が有限であり、言葉の極限に人が到達するのは彼自身の中心ではなく、彼らを規定する縁である。理の内部に位置づけられないとする「聖人の道」を指示できるのは、外部の領域からであると徂徠は考えるのである。‬

『フィネガンズ・ウエイク』Finnegans Wake

『フィネガンズ・ウエイク』Finnegans Wakeというのは、これを解説しているはずの文を読むとその冒頭から、「読解不可能 unreadable」といわれているわけです。救いをもとめる読者は途方にくれることになります(解説者もどうやって解説するの?) 要請されているのは、現代詩の場合のように、読み手は各自で自分の読み方のルールを作ることです。恐らく読み手は、『フィネガンズ・ウエイク』Finnegans Wakeという名のまだ現在進行形の完成されていないテクストを書くとによって、読むしかないわけです。これはカフカが言った言葉を思い起こさせます。「ただ書くことだけが寄る辺がなく、自身のうちに安住せず、冗談であり、絶望なのだ」。もちろん、私も手離すことができない、Roland Mchugh の注釈を参照しながら読み進むこともできないわけではありません。そこで、Tonnerre ! (雷!)のような簡単に推測させてくれるフランス語の指示もあれば、Goat strip Finnlambs !のように、Gott strafe England というようなAusterlitz 1805 におけるNapoleon の勝利について読み解いた指示もあります。しかし、隠された意味double meaning を解読する「翻訳」の網目から逸脱しようと、"脱領土"というかそういう余白のエリアをつくるのが、私が構成する方法です。そうしてみえてくる全体もあります。『フィネガンズ・ウエイク』は『ユリシーズ』で利用されるホメロスのように叙事詩的テーマ(奪われた祖国を取り返せ!)をもつのですが 、戦争とセックスという(ハリウッド映画的な)思考の論理を明確にしてくれる文化よりも、ジョイスは学問と芸術のほうが面白いと考えているようです。反=科学としての言語学とか音楽とか、学問と芸術にこそ人類が依拠できる枠組みがあると考えているのではないでしょうか。

市民とは何か?まだわからない...

‪人間が有限であり、言葉の極限に人間が到達するのは彼自身の中心ではなく、彼を規定する縁、死が彷徨い、思考の消滅、起源の約束が無際限に後退していくあの領域で、文学が注釈学によって活気づくのは。ここで止まっちゃいけない。「人間」と言う限り、西欧知の真実性の奥に絡みとられるからね。どうすりゃいいんだ?まだ答えは無いが、丸山真男の戦前講座派を包摂した「市民社会」概念が破綻し尽くしているので、とりあえずそこから「市民」という言葉だけを取り出して新しい意味でつかおうとしている。ポスト構造主義以降の「市民」とは何か?まだわからない...。ところが批判性をもった知識人であることよりも、批判性をもたない文化人であることを選んだスマートな若手の思想家たちから、「帝国の経験」に即して自分たちを作り直せるというようなことを言われちゃってもなあ (「民主の経験」はどうしたの?)

ダルデンヌ兄弟監督「午後8時の訪問者」

‪ベルギー人兄弟が監督した「午後8時の訪問者」を観たました。これは凄い映画でした。音楽が使われていない。映像はこれといった視点をもっていないから、編集も作り手の意図がみえないようになっています。情けない男性たちが主人公の女医に助けられるという構図が印象に残りました。そして探偵のように彼女の視点から事件が解決されていくにが面白いのですね。ミステリー作品として紹介されていることを後で知りましたが、手法はそうでしょうが、それに枠づけられない内容をもっていて、わたしの関心はヨーロッピアンフェミニズムというか、やはりアッカーマンがいたからこそ、男性の監督たちがあのような映画を作れるようになったんだろうかとおもいましたね。 ‪映画は、白人男性の暴力とその限界を描いていました。共同体が迎い入れる他者は移民の形をとっているのだから、殺されたのが娼婦であれ誰であれ、人生の痕跡である名を取り返さない限り、祀られることはないのだし、女医はその名を獲得しないと自身が人間としてやっていけなくなるんだと思ってます‬ね。

フーコ「言葉と物」

『フィネガンズ・ウエイク』のモチーフである「バベルの塔」の崩壊、雷と言葉の拡散をかいてみたんだけど、どうかな?フーコがいう言語の拡散とは「バベルの塔」の崩壊から繰り返し言われた。「人間」が現れたとき、問題となるのは、言語の集中とは何かだ。これは、フーコ「言葉と物」のことだと今更気がついた。「人間」の後は、外部の思考に依りながら<解体>を我に為すことで、<解体>と我を同一化させる方向である。 「言葉と物」にはなんでも書いてあるようにおもってしまう。自らが、poststructural-ism (ポスト構造主義)として表にし整理と分類を行い排除するというまさにこの本が問題としなければならなかった原理的読みの中心に位置づけられてしまう危険を、ちゃんと見抜いていた。「言葉と物」について書かれたものは、奇妙にもこの本は映像が先行していたということを忘却してしまう。その結果、「言葉と物」について書かれたものは例外なく、フーコが憂いた通りのものとなっている。「言葉と物」こそが、自身を含めたなんでもかんでも書いてあるとボルヘスが物語った本だったのか?だけれどね、「言葉と物」がベラスケス絵画から始まるのは、最後の最後まで、内部化に絡み取られないようにとたえずここに帰ってくることが望まれたような仕掛けだった。フーコはこう言ったではないか。「わたしはポスト構造<主義>といわれているものなどとは無縁です」と。