In praise of Proust

  • In praise of Proust

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
  • The mysterious passion with which I had once thought about Austria because it was the country from which Albertine had come (her uncle had been a counsellor in the embassy there), and I was able to study its geographical singularity, the race that inhabited it, its monuments, its landscapes, as if in an atlas, in a collection of views, in Albertine's smile and her mannerism, I experienced that passion again but, its sign now inverted, in the domain of horror. (Sodom and Gomorrah)

  • わたしはかつてオーストリアのことを考えて不思議な情熱を覚えたものだが、それはアルベルチーヌのやってきた国だからである。(その叔父はそこの大使館の参事官だった)。その国の地理上の特異性や、そこに住んでいる人種、その歴史的建造物や風景など、それらをまるで地図帳や写真集でも見るように、アルベルチーヌの微笑みや物腰のなかに眺めることができたのである。私はその不思議な情熱をいまもなお覚えはするが、ただしその特徴はとりかえられて嫌悪をもよおす領域となった。そう、アルベルチーヌがやってきたのはその国からだ。(プルースト「ソドムとゴモラ」、吉川一義訳)

広告を非表示にする