ラカン

‪「私は嘘つきだ」「私は話す」(フーコ)。「私は真理を話します。すべてではありません。」(ラカン)。嘘か本当か、全てではないことを語るか、女は自分以外の女を語れないか‬

「私は嘘つきだ」「私は話す」。私は話すのは、経験知による真偽に関わらない。真偽から自立した抽象化しきった理念が必要だ。「私は真理を話します。すべてではありません。」

Jacques Lacan

私は真理を話します。すべてではありません。なぜなら、真理のすべてを語ること、それはできないことだからです。真理のすべてを語ること、それは、素材的に、不可能です。つまりそのためには、言葉が不足しているのです。真理が現実界に由来するのも、まさにこの不可能によっています。

広告を非表示にする