プラトン

劇場での大衆演説?善人にみえるポピュリスム的迎合?プラトンファシストの父を演じる国家を詩人に置き換える。詩人の故郷なき書く言葉はこれから話すときに声に撃ち殺される孤児

再び天に行く翼がなく、プラトンが想起する様には一から多へと下降できぬ。朱子がみた明鏡止水のスクリーンに月も映らぬ。仁斎の多から一へ行く学びの道に天命を知らないのは私だけ

広告を非表示にする