大岡昇平「野火」

「野火」は全体主義が作り上げる国民的感性を拒んだ。「万葉集」の昭和が投射されていた自然の風景に大岡昇平は唾を吐く。罪悪感というものは戦後文学の前に存在しなかったのである

広告を非表示にする