カフカとジョイス

カフカ文学とジョイス文学は、ミル・プラトー的に言うと、連続変化を構築し、あらゆる変数を取り扱って、定数を縮小し、同時に変数を拡張した。カフカのドイツ語はチェコ語の影響を受けたプラハのドイツ語で、この折り曲げられた内部にあってイデッシュ語を利用して外部へ出る書き方は、三つのスリットを湾曲していく経路。これと比べて、ジョイスの場合は50以上の言語を取り扱うが、「ユリシーズ」におけるゲール語(又はハイベルノ・イングリッシュ)から独立したフラットな英語の書き方は、直進する経路と形容できよう。脱出するためには、文法性の貧困化と置換の増殖は切り離してはいけないし、無理に統合もできない‬
広告を非表示にする