未来を思いだす知とは

過去に依拠しながら、未来を思いだす知とは、ふたつの方向性をもつ。全体が包摂する<他なき>「絶対名著」の方向性と、<他の読みへ行く>「解体された本」の方向性とである。復古的ではない芸術至上主義も現れる