江戸思想

‪江戸思想というのは、思想地図。分解可能(貴族・寺社の学問の独占が崩される)、連結可能(徂徠の方法論と宣長の方法論)、反転可能(過去の原エクリチュールからの眼差し)、変更可能(篤胤の救済論的国学宇宙論)、様々な逃走線(仁斎の人類的国内亡命の場所、宣長の二つのの墓)を含む思想地図‬

広告を非表示にする