ジョイス

ジョイスの「自分で決めた亡命」とは、帝国イギリスと同じ大きさをもった自己の英語を、アイルランド(妻ノラ)と共に、アドリア海の都市トリエステに持ち出したことを意味していた

広告を非表示にする