フーコ

ヘーゲルマルクスは、カントがヒトに書いた理念性の上に、再びモノを語るー知を体系化する為に。この「精神」と「労働」と同じ大きさをもったフーコの本は初めて曖昧なモノを書く

広告を非表示にする