内在性の平面の、最もはかない瞬間こそが、華々しき過去を持つ。そこに行くのに永遠にかかるはずだったのに。他の身体が身体に介入するとき、魂と愛が出会うとき、可能となったのだ
広告を非表示にする