読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「弁名」ノート‬ No. 17( 私の文学的フットノート)

「弁名」ノート‬ No. 17( 私の文学的フットノート)

‪原文: その言うべからざるを以てや、故に先王は言と事とを立てて以てこれを守らしむ。詩書礼楽は、これその教えなり。この故に顔子の知を以てするも、なお且つ博く文を学び、これを約するに礼を以てし、しかるのち、その立つ所卓爾たるものあるがごときを見る。もし道をして一言に瞭然たらしめば、すなわち先王・孔子すでにこれを言いしならん。万万この理なし。あに妄の甚だしきならずや。

•博く学ぶこと、つもり博学に価値がおかれるのは、多様性方向である。道というものは無理に一言に統合できるものではない。

子安訳; 道とは言葉をもって説きえないものであるゆえ、先王は詩書に見る言と礼楽の事とを以て道を守らしめたのである。詩書礼楽とは、先王の教えである。それゆえ願子の知をもってしてもな「博く文を学び、これを約するに礼を以てし」(『論語』雍也) てはじめて孔子の高く立つところを理解したのである。もし一言で道を瞭然たらしめうるとするならば、先王・孔子の知をもってすればとっくにそれをしていたはずではないか。一言をもって道を明らかにするなどということほど馬鹿げたことはない。