反証の精神

戦争が始まると反証の精神が眠っていました。(科学者の報告を無視した)ブレア元首相の「大量殺戮兵器あり」とするテレビでの説得と米軍との戦争協力の決定によって、イラクへの空爆を賛成する声があっという間に二割から八割となったのです。さて安倍政権がいう「大量殺戮兵器」が存在するか存在しないかはまさか内閣支持率によるというような、戦争の始まる前にこのように判断が終わってしまっていることはないでしょうね?でも本当に大丈夫なのでしょうか?

広告を非表示にする