読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

官僚

官僚は国民の公僕としての自覚を言うも半信半疑。国民の多数派政党の為に働くと言うのもぶりっこ。文字を重んじる知識人の影響圏にあった。世界的傾向だが、計画をやめるという市場任せのグローバル時代に官僚は考えることをやめてもう二十年もたつ。なお存続できるとしたら、官僚が官僚の名に値するそのあり方とはなにか?

広告を非表示にする