読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

‪‪「昭和の日」で思い出される「昭和」とは?ナショナリズムとアジア主義と沖縄問題

‪‪「昭和の日」で思い出される「昭和」は何だったのだろうか?「昭和とは何であったか」の目次を読むだけでも、なんか考えるヒントが見つかるかも。言説を読み解く三つのポイントは、ナショナリズムアジア主義と沖縄問題である。‬

‪序 反哲学的読書論 ー 三木清「読書論」‬

‪1 小説は歴史をどう語るか‬

‪ーフィクションが反覆する"真実"‬

‪・黙って兵隊であるものの文学‬

‪ー火野葦平「小説 陸軍」‬

‪・近代に反覆される親鸞

‪ー 石和鷹「地獄は一定のすみかぞかしー小説暁烏敏」‬

‪・「閔姫問題」とは何か‬

‪ー角田房子「閔姫暗殺 ー朝鮮王朝末期の国母」‬

‪2 アジア主義とは何であったか‬

‪ー昭和日本の中国体験‬

‪・「支那事変」とは何であったか‬

‪ー「文藝春秋」昭和13年新年号‬

‪・中国主義者橘と国家改造論‬

‪ー橘樸「国体論序説」‬

‪・朝陽門外は我が墳墓の地‬

‪ー清水安三「朝陽門外」‬

‪3 ナショナリズムとは何かー死の哲学‬

‪・国民的物語「松坂の一夜」の成立‬

‪ー文部省「小学国語読本」巻11‬

‪・「種」の論理・国家のオントロジー

‪ー田辺元「種の論理の弁証法」‬

‪・死者に対する回向‬

‪ー上原専禄「死者・生者ー日蓮認識への発想と認識」‬

‪4 沖縄問題とは何か‬

‪ー日米関係の戦前と戦後‬

‪・太平洋よ心地よく眠れ‬

‪ー大阪毎日懸賞論文五十後の太平洋」‬

‪・人が其処に住むこと‬

松島泰勝琉球の「自治」‬

‪・沖縄にあるのは「青い海」だけではなー新崎他「沖縄修学旅行」‬

‪結び 小田は其処にいつづけた‬

‪ー小田実を読む‬