「小人の過ちは必ず文(かざ)る」

公私混同の過ちを責める人の言葉を避けて、これを封じる大臣達の姑息な閣議決定財務省の官吏達の隠ぺいは、「小人の過ちは必ず文(かざ)る」にあたる。姑息に粉飾して封じたあとに、覆い隠すことなどできない事態になってくることを一秒も考えられないのだ