資本主義が齎す貧富の格差を気にする政党がなくなったのか

日曜日に話し合ったのだが、資本主義が決定し民主主義はそれを補うという。なるほど資本主義が決定するのか。しかし問題は民主主義は本当に資本主義を補うのだろうか?現在英国では、ポピュリスムサッチャー主義の労働党政府の後に、貧富の格差を気にしない保守党政府がBrexitを進めている。資本主義を補う民主主義がみえない。英国だけではない。世界的に言って、現在資本主義が齎す貧富の格差を気にする政党がなくなった。日本で貧富の格差の問題を気にする政党の声は小さい。SPDの名を知らないものはいないが、どうもドイツの中心にいない。現在をみると、こう言いたくなる。グローバル資本主義が決定するが、民主主義を名乗るポピュリスムはそれを補うことは起きないと。特にアジアでは自由に喋ることがどんどんできなくなってきた