縮約、投射、映画

野生の思考は縮約によって全体性を取り返す。映画は平面スクリーンへの投射で四次元世界を縮約。ロンドンの連中が2009年以来、中央銀行建物に勝手に映画を投射。これも「占拠」

映画が終わったあと「字幕ってふりがなないの?難しい字がいっぱい出て来て話全然わかんなかった」と後ろから聞こえたら、東アジア漢字文化圏と漢字仮名文の歴史が喋っている。字幕がない映像も漢字と仮名で考えているということである。このとき仮名と共に、全体を取り返すという野生の思考でいわれる縮約の働きか?映画そのものが平面スクリーンへの投射を通じて三次元世界、四次元世界を縮約する働き

広告を非表示にする