寺山修司

寺山修司は自分の馬に「ユリシーズ」の名を与えて夢へ?挿話「イタケ」の書く言葉の終止符からは、教理問答の真偽を超えて「私は話す」(独白)という理念と主体的アクションへ行く
広告を非表示にする