読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「白い人・黄色い人」

高校生の時、遠藤周作の仏体験が反映する「白い人・黄色い人」を読み終わったとき、思考の深さに圧倒された。だが皮膚の色という表層の差異を指示した表題の衝撃が無くなっていた