読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中世

‪日本は中世があったかという問いかけに関連して、中世の概念はヨーロッパだけである、と、Le Goffが指摘していたことを教えて頂いた。中世というと、汎ヨーロッパ的な権力を巡って教皇権が世俗王権と争うということがあったのである。権力は知の権力も含むだろう。思いつくのは、たとえば、法王に対抗して、神聖ローマ皇帝はヨーロッパ遠方からボローナ大学にやってくる学生たちを保護したということ。もっと近い時代では、オーストリア帝国からのトリエステの独立の問題は、単純にイタリアの部分になるということで解決する問題ではなかった。都市自治の時代を無視できないし、ミラノとローマの対立を考慮しなければならないという。私の関心であるジョイスがいたトリエステは、帝国(オーストリア帝国)にも、新しい国家(イタリア)の部分になることも望んでおらず、ジョイスの白紙の本のような感じでヨーロッパに属したかったと読める。エーコが読み解いた「ユリシーズ」は、ヨーロッパがヨーロッパであることが中世からする必然性を喚起させる。‬

‪なぜ現在、応仁の乱のについてこんなに関心が高まっているのか知らないけれど、鎌倉幕府の統治は江戸幕府ほどには地域的普遍性がなかった。二つの日本を前提にしてこれを考えると、「西」では、応仁の乱でそれまで続いた古代天皇制が崩壊したのである。「東」は、貴族から独立した武士政権。6、武士は独自の文化がなかった。武士は貴族の王朝文学を借りた滅びの美で自己を表現しなければならなかったのは奇妙だ。貴族は武士に依存していた。中世の概念とは何か?アジアに適用してきたことに無理はないか。中世がなかったとしたら、日本の中世なき近世や近代にどういう影響を与えていくのか?

広告を非表示にする