• 盲目の言葉は、ブルジョアの直線のうちに、
    高次の秩序を探し出すことはできない。
    マルクス主義のこだわりに先行して、
    本の正しさを証明するために世界を読んだ、
    彷徨うドンキホーテのように、...
    無限小の射影として、沈黙する映像をみるだけだ。
    階級を包摂する市民社会だったり、
    民衆史の民衆を包摂する世界史の帝国だったりする

  • 「円と直線との接点(タンジェント)。それは高次の秩序が低次の秩序の中に、無限に小さいものとなって姿をあらわしているということである。キリストは、人類と神との接点である。」
    ヴェーイユ
広告を非表示にする