KANT No,6

 

 KANT No,6

 

合目的関係の創建としての完全な市民的体制の形成が「文化」の最高の対象、歴史の目的、もしくは厳密な意味で地上の最高善であるとヘーゲルはいう。現実にかつての「柔らかな個人主義」はそんな「文化」論の一つであったが、結局それが行っていることは、権利のない社会を正当化しているだけだった。文化を否定するつもりはない。だが正当化はいらないのだ。今日の文化論は「帝国論」であろう。東アジアで徐々に受け入れられつつあるともきく。アイルランドのように搾取されてきた国家では独立後も、しばしば市民的体制の形成の困難に直面して、エスタブリッシュメントの文化、すなわちアイデンテイテイーの政治に依存してしまうのであるが、1990年代からの現実をみると、19世紀と20世紀初頭では明確にみえた搾取するー搾取される関係が隠蔽されてわかりにくくなってきた。グローバル資本主義の分割である世界帝国といわれる搾取する国家が、あたかも搾取される国家を演じる。それは市民権利を抑圧する。文化による正当化を平然と行うというのである。そこでかつての帝国主義国家の国体的教説が蘇ったような、国策としてのポストコロニアリズムが導入されることすらあるのだから驚きを禁じ得ない。

 

最終目的が窮極目標以外のものではない以上、それは次のような基本的逆説の対象をなすのである。つまり、感性的自然の最終目的は(ほかならぬ感性的自然の最終目的たるにも拘わらず)、この自然そのものだけでは、それを実現するのに十分ではないような目的である、ということである。自由を実現するのは自然ではない。自由の概念こそ、自然のなかで自己を実現・成就する当のものなのである。したがって、自由ならびに「最高善」の感性的世界における現実化は、人間の独創的・総合である。「歴史」とは、この現実化であり、それ故、これを自然の単なる発展と同一視してはならない。最終目的の理念は、なるほど自然と人間の合目的的関係を含んではいる。しかしこの関係は、自然的合目的性によっては、ただ可能とされるに過ぎないのである。それ自身においては、また形相的に(FORMELLEMENY事実上)は、この関係はかの感性的自然から独立で、人間によって創建・確立されねばならぬ。合目的関係の創建は、完全な市民的体制の形成である。これこそ「文化」の最高の対象、歴史の目的、もしくは厳密な意味で地上の最高善である。(中島盛夫訳)

 

La dernière questions est ; comment le but final est-il aussi fin dernière de la nature? C'est-à-dire; comment l'homme, qui n'est but final que dans son existence suprasensible et comme noumène, peut-il être fin dernière de la nature sensible ? (...)
Dans la mesure où la fin dernière n'est pas autre chose que le but final, elle est l'objet d'un paradoxe fondamental; la fin dernière de la nature sensible est une fin que cette nature elle-même ne peut suffer à réalise...r. Ce n'est pas la nature qui réaliser la liberté, mais le concept de liberté qui se réalise ou s'effectue dans la nature. L'effectuation de la liberté et du Souverain bien dans le monde sensible implique donc une activité synthétique originale de l'homme; l'Histoire est cette effectuation, aussi ne faut-il pas la confondre avec un simple development de la nature. L'idée de fin dernière implique bien un rapport final de la nature et l'homme; mais ce rapport est seulement rendu possible par la finalité naturelle. En lui-même et formellement, il est indépendant de cette nature sensible, et doit être établi, instauré par l'homme. L'instauration du rapport finale est la formation d'une constitution civile parfaite; celle-ci est l'objet le plus haut de la Culture, la fin de l'histoire ou le Souverain bien proprement terrestre.
(Deleuze, La philosophie critique de Kant, 1963)

 

 

 

広告を非表示にする