MEMO

紆余曲折にみちたドンキ・ホーテの冒険は、そのまま境界線を描いている。

ーフーコ『言葉と物』


With all their twists and turns, Don Quixot's adventures form the boundary. 

ー Foucault


‪Avec leurs tours et leur détours, les aventures de Don Quichotte tracent la limite; en elles finissent les jeux anciens de la ressemblance et des signes; là se nouent dèjà de nouveaux rapports. Don Quichotte n'est pas l'homme de l'extravagance, mais plutôt le pèlerin méticuleux qui fait étape devant toutes les marques de la similitude. Il est le héros du Même. Pas plus que de son étroite province, il ne parvient á s'éloigner de la plaine familière qui s'étale autour de l'Analogue. Indéfiniment il la parcourt, sans franchir jamais les frontières nettes de la différence, ni rejoindre le cœur de l'identité. Or, il est lui-même à la ressemblance des signes. ーFoucalt‬


‪紆余曲折にみちたドンキ・ホーテの冒険は、そのまま境界線を描いている。類似と記号(=しるし)とのかつての戯れはここで終わりを告げ、そこにはすでに新しい関係が結ばれているのだ。ドンキ・ホーテは、常軌を逸した人間ではなく、むしろ相似のあらゆる標識のまえで足をとめる巡礼である。彼は<同一者>の英雄なのだ。彼は己の狭い故郷を離れることができないように、<類似者>のまわりに広がるおなじみの平原を離れることができない。彼はその平原を際限なく巡歴するのだが、けっして相違性の明確な国境を越えることも、同一性の核心に達することものない。ところで彼自身記号(シーニュ)に似ている。ーフーコ『言葉と物』‬


私は明治の末から昭和の敗戦に至る日本の足取りを考えると、どういうわけだかつい『ドン・キホーテ』の物語を連想する。

ー 尾崎行尾『民主政治読


かつて必要なきに無闇に欧化主義が鼓吹された時代があった。今日において排外思想を懐くというようなことは、実に時代を逆行するもので、そもそもまた時勢に適応する所以でない。他を排すれば、他からまた排斥されるのは当然である。ー尾崎行雄『世界的英雄時代』


我が国に留学し我が国に於いて諸般の学問をしながら、排日思想をもたらして帰る者(中国人)を忘恩者と言うことが出来るならば、千五、六百年間も支那の文芸を学習しながらチャンコロなどと悪口雑言を逞しくする所の我が国人も忘恩者と言わねばなるまい。ー尾崎行尾『我思ふ所』


天皇陛下万歳とかみな言って八月十五日になったら泣いておったという人は、みな左翼になったんだよ。私みたいにブラブラしているやつはならへんの。それが非常に大事なの。ブラブラして箸にも棒にもかからんやついるやろ。これが社会の中核になると、それは市民なのよ。小田実『都市と科学の論理』1999年


広告を非表示にする

ヒチコック「レベッカ」(1940)

レベッカ」(1940)。鳥のように険しい崖に立つ人間、ビクトリア朝の美意識を体現した垂直軸における崩壊の静けさ。ベラスケス『侍女たち』のパロディーにみえる。死者との関係において痕跡があるだけで実体がなく、外部の海からあらわれる偶然をそのまま内部に映し出すヒチコック。何という男だろうか

‪能『楊貴妃』の鬼神論

‪能『楊貴妃』の鬼神論


玄宗皇帝は楊貴妃の死後、方士に命じて魂魄のありかをさがさせる。方士は楊貴妃の魂を尋ね天上から黄泉まで探すが見当たらず、最後に常世の国蓬菜宮に来る。そこで楊貴妃をみつける。方士は逢えた証の品を請い、楊貴妃は髪に挿していた玉の簪をわたすが、方士はこれより帝と密かに交わした言葉があれば聞かして欲しいという。シテ「これこそありし形見よとて 玉のかんざし取り出だし 方士に与へたびければ」、ワキ「いやとよこれは世の中に 類ひあるべき物なれば いかでか信じ給ふべき 御身と君と人知れず  契り給ひし言の葉あらば それをしるしに申すべし」。キター!魂は言葉を住処とすることによって消滅するということか‬


ホホー、「在天願作比翼鳥、在地願爲連理枝」(天にあっては願わくは比翼の鳥となり、地にあっては願わくは連理の枝となりましょう)。調べてみると、ホー、なるほどニャ、『源氏物語』は読めないが、漢詩は『源氏物語』のキャラ作りに影響を与えたという話はわかるニャ。能『楊貴妃』は朱子学コスモロジーを以って白居易と『源氏物語』の読み直しを行なったというふうに考えることができるのだろうか、興味深いニャ。ちょっぴり『草枕』の漱石も近くに感じたな、ホ〜ホー

「もつれあう」(entangled)

無限が介入する「もつれあう」(entangled)とはなにか?「もつれあう」状態に、宗教がなければ道徳も成り立たないだろうが、このことを前提にいうと、道徳の依拠しなければやっていけぬと語る視点は過剰をみるし、宗教の絶対的に依存しなければ悪だと教える見方は語り得ぬ同一化の美の表象をみるかもしれない。脱近代は単純に、線形的に共存する多数の状態を考える。脱近代は、私の理解では、近代が記述するように死んでいるのか生きているのかわからない一つの状態ではなく、互いに外部的にある、死の状態(生が消滅した、死に切った)と生の状態(死が消滅した)、二つの状態を同時にかんがえるのではないか。

共同体について

小さな人間は自らを権威づけることはできない。ロンドン時代のユダヤ系人物がおしえてくれたのは、偶像が危険なのは体系の自らを権威づける抽象性が危険であるのとおなじだ。共同体はかくも抽象的な体系にすむことができないし、共同体の成立を可能にした他者のことを考えられなくなってしまうというのだ。だが大きな人間が自らを権威づけるように、あえて小さな人間たちが自らを権威づけようとするとき、一体何が起きてくるのか?表の世界の偶像崇拝禁止の側から、裏の世界の偶像再興へ行くときに意味がでてくる。それはなにか?ほかならない、この共同体の法を制作してその名をあたえてくれた他者の存在を共に考えること、ここにとどまることなく、そのことを体系の外で人類の普遍性において考えていくということが起きるのではないか。と、おまえは再び危険な偶像崇拝に陥っていると非難する声が聞こえてきそうだ。嗚呼、救われないんだな(笑)

マイナー思想史とはなにか

‪マイナー思想史とはなにか

• 思想史的にいうと、戦前の左翼が展開した「近代の超克」の言説は近代批判の大切な視点をもっていたかもしれない。天皇ファシズム軍国主義の時代にあって自分達の影響力を用心深く考えていなかった点が彼らの問題であった。近代批判は終わらせてはならない。1968年の運動は消滅してしまったが、それが提起した近代批判は、1970年代を経て現在に生きている。2018年の現在、戦争責任を果たさずに過去を消し去る歴史修正主義明治維新の近代から来ていることを、忘却させらた思想家のマイナーな仕事をよむことによって、構造的に明らかにしようとしている。‬近代批判が定位するマイナー思想史は、マイナー文学と同様に、政治的なのである

新しいものと古いもの

‪17世紀は東西で知識革命が起きる時代である。ヨーロッパでは芸術の言説が一般の人々に読まれるようになるのは、17世紀からなんだね。17世紀に書かれた芸術理論を調べてみようとおもうが。21世紀からみると17世紀は古いが、17世紀は17世紀をモダンとみていたというのはあたりまえの話。さてそのことを前提にして、新しい新しいもの(モダンなもの)は何か?古いものは何かが言われるとき、新しいものを考えるために古いものを考えるのか。逆かも。古いものを考えるために新しいものを考える。古いものは初めから古いわけではない。それが少しずつ、言説によって、一生懸命に古くなるということ。1815年ぐらいからはじまった新しいもの(モダンなもの)は古いものといわれる時代がくるだろう。それまでは、古いものは、初めから古いわけではない‬。反近代の言説がそれに先行する形で、1970年代から展開されてくる脱近代の思想がモダンなものを古いものとする言説のひとつを為した。‪現在、ポストモダンのモダン化というような奇妙な方向修正が起きているみたいだけれど‬