報告 ; 子安宣邦氏の講座<明治維新の近代・8>‬

子安宣邦氏の講座<明治維新の近代・8>‬

‪「天命の自由」と「人義の自由」‬

‪ー 中江兆民民約訳解』を読む・2‬

‪(1) ルソーの原文‬

‪Ce passage de l’état de nature à l’état‬

‪civil produit dans l’homme un changement très rémarquable, en substituant dans sa conduite la justice à l’instinct, et donnant à ces action la moralité qui leur manquoit auparavant.‬

‪C’est alors seulement que la voix du devoir succédant à l’impulsion physique et le droit à l’appétit, l’homme, qui jusques là n’avoit regardé que lui-même, se voit forcé d’agir sur d’autres principes, et consulter sa raison avant d’écouter ses ses penchants.‬

‪( Rousseau, De l’état civil, DU CONTRACT SOCIAL )‬

‪(2) 井上幸治訳‬

‪「自然状態 l’état de nature から社会状態 l’état civil へのこの移行は、人間の行為において正義をもって本能に置き換えたり、それまで人間の行動に欠けていた道徳性を与えたりすることによって、人間にきわめて注目すべき変化をもたらすのである。このときはじめて、義務の呼び声は肉体的衝動に、権利は欲望に入れ替わることになり、それまで自分しか考慮しなかった人間は、違った原則に基づいて行動し、自分の好みに従う前に理性に図らなければならない。」‬

‪(3) 中江兆民の漢訳

子安氏によると、漢訳というよりは漢文的言語をもってその主旨を再表現するという。なお兆民はDe l’état civil を「人世」と訳している。‬

‪「民約すでに立ち、人々法制に循いて生を為す、之を天の世を出でて人の世に入ると謂う。夫れ人ひとたび天世を出でて人世に入る、其の身に於いて変更するとこ、極めて大なり。蓋し、曩(さき)には直情径行、絶えて自ずから検飭(けんちょく)すること無く、血気の駆るところ、唯だ嗜慾に是れ狗(したが)う。禽獣と以って別つ無きなり。今や事ごとに之を理に商(はか)り、之を義に揆(はか)る。合すれば則ち君子となし、合せざれば則ち小人となす。而して善悪の名、始めて指す可し。曩には人々ただ己を利せんことを図り、他人あることを知らず。今や利害禍福、必ず衆と偕(とも)にし、自ら異にするを得ること無し。」‬

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10217692954893236&set=a.10204437539556137&type=3

‪(4)‬

中江兆民はルソーの漢文的言語をもって彼の思想を再表現している。子安氏によると、制作を言う漢文的言語は荻生徂徠に前例をもっているという(「自然状態から離れて聖人が制作する」。) つまり漢文的言語は記憶を持っているのだ。それによって、「言語的自立性と自立的思考が成り立つ」。今日の講義では、「ある思想をわれわれのものにするために自立的言語が必要」であることをかんがえた。そして現在のわれわれを構成する明治維新の近代が、所謂前近代の漢字書き下し文に根づいていた思考を孤立させているのではないかという問題も考えた。言文一致体、翻訳語の公用の書記言語は、前近代の漢文的言語ほどには言語の像のなかのXを開くことができているのだろうか。上に示した現代語文によるものを「翻訳」とするならば、兆民の仕事は翻訳ではない。最後に子安氏の言葉を引く。「これはルソーの原文を逐語的に漢文脈に置き直して、漢訳テキストを完成させようとしているのではない。兆民が直面しているのは人類史における最大の転換、すなわち自然状態における人間が共同的契約によって社会的存在に転身し、自らを社会的制作主体、権利主体として再構成していくという転換である。こういう人類史的転換を語りうる理論的言語をわれわれはもっているだろうか。」‬

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10217692955093241&set=a.10204437539556137&type=3

言葉を考える

‪ ‪‪‪68年の近代を問うた運動によって、文学が主導するポスト構造主義が成り立つ条件ができた。しかし思想の受容となると、それを翻訳言語を以って考えていくことは難しい。ある思想を自分のものにするためには自立的言語が必要である。だから近代の政治的災害も、反近代の政治的災害も、事実は理解されるが、自立的言語無くしては十分にその意味を考えることが難しいものなのかもしれない。‪‪ルソーを読む知識人によって‬自由民権運動の思想のコアとなるとして発見された‬漢文エクリチュールは自立的言語か?このことを問いながら、漢文エクリチュールで読まれる倫理学と制作学から、自立的言語の思想‪の系列(セリー)‬が始まるのは、2000年にはいってからではないかだろうか。 ‪

‪ 現在のわれわれを構成する明治維新の近代が、漢字書き下し文に根づいていた表象の思考を孤立させている。前近代の言語の鄙びた裏道を歩いて思う。「日本語」であれ「国語」であれ、表通りは、前近代ほどには言語の像のなかのXを開くことができているのだろうか。無意味な同一性の反復が多すぎるような‬

フーコ

17世紀からヨーロッパの市民たちが芸術批評を読みはじめるのですね。17世紀というのは、ヨーロッパだけでなくアジアも外へ出て行く時代。17世紀に向かって明の崩壊の理由のひとつに李氏朝鮮への出兵がありました。これについては昭和思想史研究会の懇親会のときに話題に出たのですが、芸術の力が17世紀をとらえたのではなかったかと考えてみたら、どんなことが言えるでしょうか。芸術の力というのは内部化を拒む力だったのではないでしょうか。1960年代に近代批判のポスト構造主義が『ラス・メニーナス』から語りはじめたのは必然だったのです。また『ミルプラトー』のラディカリズムの問題提起も理解できるかもしれません 。

黄色ベスト運動

‪68年ともオキュパイ運動とも違う黄色ベスト運動の映像を見ていると、なんか、『監獄の誕生』の囚人の絵を思わせる。マルチチュードが残っているとはこういうことか。まるで中世騎士の決闘もある。農民の国アイルランドだと警官たちが親戚友人がお餅のように取り囲まれて、包囲線がバラバラになる。ブルジョアは公のものを奪う貴族を演じるアナクロニズムに溺れている。その資本主義が罪深いのは、同情心をもって互いに助け合う人々の間に容赦なく対立を持ち込むことにある

詩 ー エクリチュールの精神の翼

https://www.instagram.com/p/BsU14WegecB/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=5jfgsv1xqp14

東でも西も17世紀の書記言語は河の流れである。

海の底の闇から光の領域へ上に行くためには

太陽に向かって昇る翼をもたなければならない。

再び闇の中に輝く方ヘと下に昇る翼も。

見せかけのバランスから払い戻しをもとめられて、

宇宙と世界から追放される罪を刻印されても、

天の罰から生き延びる精神の翼の運動よ

MEMO

‪安倍首相だけでなく野党指導者たちが伊勢神宮に参拝しに行くようになった意味は何でしょうか?たとえ護憲ではやって行けなくなったとしても、それならば、もはや戦後の国家祭祀をやめたとする誓いに依拠するしかないじゃありませんか。立憲民主党は敗戦後の誓いに立つべきところを国家祭祀との連続性の回復に希望を託しているのですか?そうではないでしょう。‬

安倍内閣公式参拝の場合と違って、われわれ野党の参拝は政教分離にも反しないし信教の自由も反しないと解釈し、また靖國神社の戦前における形の国家神道の復活に対しては警戒しているから大丈夫だとおもっているのでしょうが、だけれど、数年前に思想史遠足のときに、希望をもって伊勢神宮にやってきて参拝する大勢の人々を見ました。若者たちの姿も見ました。危惧する点は、問題は、そうして参拝する人々が存在し、安倍首相と野党指導者たちが参拝し、彼らを迎え入れる神社があれば、この一体となった彼らから、グローバル資本主義の時代の新しい国家神道が誕生してしまうことです。野党は外がどのようにみているかを考えていますか?中国と韓国に不信感を持たれるようでは、安倍政権のアジア外交を正すことも中々無理ではないでしょうか。

‪68年ともオキュパイ運動とも違う黄色ベスト運動の映像を見ていると、なんか、『監獄の誕生』の囚人の絵を思わせる。マルチチュードが残っているとはこういうことか。まるで中世騎士の決闘もある。農民の国アイルランドだと警官たちが親戚友人がお餅のように取り囲まれて、包囲線がバラバラになる。資本主義が罪深いのは、助け合う人々の間に容赦なく対立を持ち込むことにある

1、マルクスの理解はヘーゲルの理解にかかっている。マルクス教条主義批判( 「私はマルクス主義桃者ではない」)は、ヘーゲルの「精神」ー理念性に尽きるというわけではないーの発見ではなかったか。ハミッド・ダバジの言葉を読む <サバルタン性>とは、手短にいうと、多声で響く私たちの異論の声である。この理念において私たちがすることといえば、弁証法の巨匠(カール・マルクス)自身による弁証法的な見識たる、「私はマルクス主義桃者ではない 「je ne suis pas Marxiste 」という表明に注意を払うことしかない。その精神に基づいて言えば、「私はサバルタン主義者ではない」。 ー ハミッド・ダバジ「Post-Orientalisme ー Knowledge and Power in Time of Terror 」

政府の変転や統治形態の攻防にも生き抜く一神教的神が棲家とする国家をいかに設計するのか?18世紀の思想は天祖概念によって漢字のスクリーンに近代天皇制の青写真をリアルに投射した。と同時に、19世紀には、反リアルに、要請として漢字スクリーンから神と物に向けて神話的に投射することになったのである。思想史は、かくのごとき反リアル的リアリズムのうちに投射は制作となる歴史を語る。20世紀の敗戦後の国家祭祀をやめた誓いを含めて、精神の歴史と呼ぶことができるものを構成しているだろうか

「2018年」とは何であったのか?

ヘイトスピーチの悪については語られるけれど、歴史修正主義者が押しつけるノスタルジーの悪のことは語られない。明治維新150年というノスタルジーは悪だ。2018年で最も幸せに感じるのが今日この日で、2018年が車で立ち去っていくときにバックミラーにうつる街の標識みたいにどんどん小さくなって行く‬

今年ははじめて湯島聖堂を訪ねました。ここで林羅山と藤原惺窩の学者たちのことを思いました。徳川政権という武士たちの時代は寺社・僧侶・貴族が独占していた学問を民衆に与えました。心学の石田梅岩は農民出身の町人学者(儒者)ですね。17世紀という世界史的同時代性というか、商人出身の学者たち(伊藤仁斎)からはアジアの知識革命が起きてくるのは面白いです。徳川時代は武士たちが学ぶ時代で、簡単に言えばお役人になっていくということですが、とにかく学ぶことによって、何とかアイデンティティを築こうとしました。主流は朱子学ですが、荻生徂徠などの幕臣たち(高級官僚)は古学なんですね。 このギャップが興味深いです。19世紀になって横井小楠福沢諭吉などの近世の知識人の確立をみます。

網野善彦の影響のもとで、鎌倉時代の評価が高いように思いますが、しかし徳川政権の統治権鎌倉幕府より遥かに普遍的な地域性をもっていました。議論があるでしょうが、鎌倉時代といっても、鎌倉幕府と京都の古代王権とが両立していました。権門体制にたいする応仁の乱に遡ることですが、徳川政権は天皇を京都に幽閉・隔離したのが画期的だったのです。津田左右吉によると、ほんとうの意味で象徴天皇制が成り立ったのはこの時代というのですね。その点で薩長の明治政府は失敗したと言わざる得ません。どうしてか?天皇を京都から呼び出して権力の集中が起きれば、戦争が次々と起きてくるのは必然ではないでしょうか。結局昭和10年代の全体主義も、新権門体制と呼ぶべき明治維新の制度の設計の失敗によるものでしょう。

幕末は全国から武士的知識人という名の活動家が水戸に集まってきました。近代化を推進していく下級武士たちは政治神学的に、主権国家を想像したと考えられます。ロシア情勢をはじめ世界情勢の情報を集めて学んでいたので、吉田松陰のように内部に向かう非常に質の悪いものではなかったのです。難しい時代だったことはたしかで、アジアとの平和関係のことを考えると、経験豊かな幕府に任せたほうが外交もうまくいったかもしれませんね。明治維新のノスタルジーとは別のノスタルジーではありません。そういう可能性もあったと考えてみることが大変大切で、しかしなんでもかんでも明治維新150年㊗️では、日本はものすごく下手な近代を実現したと疑う批判的思考がなくなってしまいますね。今日の安倍政権に対する批判の仕方に関わることです。講義『明治維新の近代』(子安氏)はこの問いからはじまりました。