仁斎論語

「道」の教説を解体する‪オリエント学と中国哲学が行うアジア思想の分析は、ラカン派がおこなう精神分析の映画分析と似ているとおもう。つまり真理は人類の普遍主義を読む。科学なんだな。それに対して、17世紀儒者達は 漢文の宇宙的思弁を以て人間の存在を…

仁斎論語

仁の教説を脱構築する仁でも義でも何でもいいのだけれど、<精神的な何々を「目標」としてもつ>というのは、こういうことだね。隣人と非常に近い出発点なのに、多様性を以て学んでいく結果、わたしが辿り着いた所とその隣人が辿り着いた所が互いに全然離れて…

なぜ、鬼神の言説を学ぶのか?

‪大日本帝国憲法のもとで起きたことについて「これだけはやめてくれ」と抗議するのは憲法である。では戦前に存在した国家祭祀の超憲法的なものをやめようというのはだれか?これについて考えるためには、天皇制国家の理念的青写真をつくった荻生徂徠から考え…

銀河鉄道

‪銀河鉄道は、ヒルベルト空間のなかでベクトルが色々な方向を以て動くように、あちらこちらと動く河だった。父なるもの不在。この点において、ジョバンニの旅の始まりと旅の終わりは似ている。沸騰し圧縮されている始まりに、海の帰るべき起源を読みとること…

事件としてのゴダール映画史

いきなり極右翼が襲撃してきたのでしょうか?否、解体<マクロ経済学>の教説化がありました。また左翼知識人の転向が起きていました。民主的介入への視線を遮断してしまうような、ヘーゲル的唯物史観のこだわりがありました。そのことは指摘されていますが、…

大きな「河」にみえましたあの広がりを、‬ウルフの小説なんかもちだして「海」にしてしまうのかしら?翻訳は原文の代替物とはなりえないのに。「海」から直角形たちがなくなるのは、二つの権力を手放さなかったから?くだらんことでしたね、失ってしまえば、…

アートとはなにか

思考にとって、思考でないもので敢えて考えるとどうなるのか、この差異を、思考の外部から考えてみようというのである。この思想史の問いにたいして、概念を表現できないでいる沈黙する言葉こそがアートをアートとして際立たせる。自由に喋らせてくれとする…

漢字は不可避の他者

‪歴史(『日本書記』)、神話(『古事記』)、歌(《万葉集』)、物語(『源氏物語』)、随筆(『徒然草』)、注釈学(「論語古義』)、歌論・物語論(『石上私淑言:』『紫文要領』)、近代文学、文献学、解釈学、日本思想。「思想史教室」のおかげで色々と読むことができ…

仁斎論語

‪<死生>の教説を解体する‬ ‪2500年前の孔子の言葉は『論語』にどれくらい保られているのか、これを調べるのがは文献学的アプローチである。研究が自らの正しさを研究する。この実証とは別の方法から、『論語』という原初的テクストが存在するとして、それに…

仁斎論語

‪<死生>の教説を解体する‬ ‪2500年前の孔子の言葉は『論語』にどれくらい保られているのか、これを調べるのがは文献学的アプローチである。研究が自らの正しさを研究する。この実証とは別の方法から、『論語』という原初的テクストが存在するとして、それに…

仁斎論語

‪鬼神論を読む十数年前の話からはじめることをゆるしていただきたい。アイルランドの支配階級に属した画家ベーコンと作家ベケットの青年・少年時代は、権力の移行が起きたときにあたる。それ以来、支配者達の信者が集まらなくなって不動産として売りに出され…

仁斎論語

解体<君子たること論>‪(1) 儒教に対するヘイトスピーチ本の話題をきく。誰かが反論すべきだという。しかし「儒教」を以て何をいい表すのか知っている必要がある。儒教の名称はインターナショナルではない。『儒学』ならば通じるらしい。宗教的意味ならばそれ…

MEMO

‪Blackboard ‬‪between Stones, ‬‪Pockets & Hands & Numbers. Images gone and Images still here‬ー owlcat‬It is the supreme paradox of thought to want to discover something she herself can not think.- Søren Kierkegaard他者の中国からみえてくる…

津田左右吉

思想の歴史で語らなければならないのは、暗さ(津田の思想空間の中におけるパラドックスの解決)についてではなく、明治維新と象徴天皇制の記述を通じてあきらかにする以上のものを隠している、見かけだけ明るい、いささか混濁した光 (1916年に『文学に現れた…

転向?

‪日本を代表する知識人において転向が起きたというのは、初期マルクスの政治多元主義を消し去ってヘーゲルの世界史を書くという保守反動が行われたことだ。そしてこの国では左翼の転向ははじめてではない。‬大きな声でいうべきことではない。柄谷行人は『世…

仁斎論語

‪「子曰く、学びて時にこれを習う、また説(よろこ)ばしからずや。朋(とも)有り遠方より来たるまた楽しからずや。」(論語『学而』) ‬‪グローバルな構造 (学・仁・道・信・天・徳・政・孝・忠信・忠恕・死生・鬼神・君子・文・詩・楽・礼)がみえてくるのは、「…

アイルランド

イギリスは自らの未来をアメリカに委ねるなかで、EUとの関係、実質的にはフランスとドイツとの関係に取り組んでいるときに、外部の北アイルランドから規定されたくありません。しかしこれは矛盾です。英国が時代遅れの19世紀20世紀的な一国主義の方向に逆戻…

日本語

‪イタリアからバスで三時間後に、オーストリア入りしたとき、言葉はドイツ語、オーストリア語にかわった。数年前の旅では、チューリッヒから電車でジュネーブへ向かうときはドイツ語からフランス語にかわっていた。大陸のなかの旅は、アイルランド時代とイギ…

エルサレム

10年前ぐらいでしたか、‪ハムステッドヒースでロンドン在住のリベラルな作家の出版講演会に出席したとき、1948年中東戦争の現場にいたラビの彼は、イスラエルは国家としての成立をアラブ諸国の人々全員から承認される必要があると語っていました。現実には難…

BBC

賃貸借契約を済ませて、初日に、ロンドンで借りることになったアパートのそのポストに、何と、BBC受信料不支払いを理由とした強制執行を二週間以内にするという通知が入っていた。イギリスに来て一ヶ月、テレビを観ることがなかったが、来るなら来てみろと笑…

映画が存在していたといことの意味

‪映画というものがあった時代、人生の切実な問題を共に考えてくれるような、光と暗闇の織りなす投影とスクリーンからの包摂がありました。だけれど「2001年オデッセイアの旅」が示した、宇宙の端=スクリーンが消滅したとき、光と影は唯の伝達となります。‪「…

旅 2017年 ー トリエステからウイーンへ

‪インド哲学と中国哲学を勉強するひとが少ないという。そういう私も勉強してこなかった哲学たちなのだけれど。今日神田の古本屋街で中村元のリグ・ベーダーの解説本をよんでいたら、イスラムが影響を受ける言い回しがあるという。と、ダブリンで原文?と英訳…

パドバ

‪今日は午後から、ガリレオがいたパドバへ行くのだけれど、タイムラインに流れてきたケインズの言葉を読んだら、ロンドンで観たブレヒト『ガリレオの生涯』でガリレオが教会の僧侶達が作った地動説を裏づけるデータを利用していた場面を思い出した。‬‪The di…

ジョイスのトリエステ

‪昨夜はローマからの乗り継ぎで、夜10時過ぎにトリエステに到着。イタリアの一番端っこはベニスではなくここトリエステ。南ヨーロッパに継がる。その意味は何か?だけれど街は闇に包まれている。十数年前にここに来たときは、このように鄙びた所に、オペラハ…

イェイツ

‪アイルランドのゲール文芸復興運動の中心にいた、詩人ウィリアム・バトラー・イェイツの作品を理解するのに少しでも役立つかもしれぬと思って、彼が興味をもったサンスクリット語の初歩の初歩をダブリンの語学塾で二カ月ぐらい勉強する気になった。5000年前…

アイルランドの20世紀

‪インド哲学と中国哲学を勉強するひとが少ないという。そういう私も勉強してこなかった哲学たちなのだけれど。今日神田の古本屋街で中村元のリグ・ベーダーの解説本をよんでいたら、イスラムが影響を受ける言い回しがあるという。と、ダブリンで原文?と英訳…

プーシキンのオペラ

‪プーシキンのオペラでの決闘の場面で、どうも詩人レンスキイは自殺した感じです。芸術・文学と学問を貴族の独占から民衆の大地に祀ること、これが詩人の願いだったのかも。そして自殺したのは詩人だけではなかったようです。貴族のオネーギンもまた事実上自…

日本近代の出発は、明治憲法の西欧近代と超憲法的なものの儒教的伝統とに規定される二重体制だったのか?

吟味されることのない人生は人間にとって生きるかいがない。同様に、過去に何が問題だったのかを問うことがない現在は、共同体にとって依拠することができないと思う。日本近代の出発は、明治憲法の西欧近代と超憲法的なものの儒教的伝統とに規定される二重…

明治の近代とは二重体制だっのか

‪宗教改革五百年とロシア革命百年の間に起きた、150年前の大政奉還(明治維新)。福沢諭吉は「門閥制度は親の敵で御座る」と言った。明治国家は儒教を完全に否定したのではなかったからだ(子安氏の津田論での解説)‬。明治憲法のヨーロッパ近代と超憲法的なもの…

ロシア革命100年の意味

‪ロシア革命が起きたこと、十代のときの私にこれを知らせてくれたのは、ショスタコーヴィッチの音楽、そして大島渚「日本の夜と霧」だった。100年の意味なんて誰も知らないとおもう。マルクスの理論でしかなかった社会主義は現実化したと思い出して、19世紀…